真夜中に更新される、アクセサリーBlog。
メンズ、レディース問わず、世界中の美しいアイテムを日々紹介。
Realize your jewelry.
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

LEATHERS AND TREASURES / リボルビングガーディアンエンジェルリング

以前ご紹介した事もあるのですが、
LEATHERS AND TREASURESのくるくる回るリングが好きです。


着けているときは、とにかく親指で回し続けてしまうのですが、
それは、ロール・プレイング・ゲームでいうところの経験値を貯めているような、
前に進めているような感覚がするのです。
・・・よくわかりませんね。


偶然にも知人が同ブランドのくるくる回るリングを持っている事が判明。
せっかくなので写真を撮らせていただきました。


レザトレ リング

LEATHERS AND TREASURES / リボルビングガーディアンエンジェルリング


リングを、ぐるっと一周する サークル&クロスモチーフ。
良く出来た工業製品のように、スムースに動くこのギミック。
これがハンドメイドで作製された"アクセサリー"なのですから、痺れてしまいますね。


「これって、ずっとくるくる回してしまうよね?」
目を輝かせて聞いた僕に返ってきたのは、「う、うん。。」といった限りなくあいまいなYES。


優しい彼の事ですから、きっと話を合わせてくれたんでしょう。
なんだか自分だけが幼稚な気がして、キャッとなってしまいました。




| 01:47 | 【シルバーアクセサリーブランド】 | comments(2) | trackbacks(0) |

LEATHERS AND TREASURS/レザーズ&トレジャーズ REV ハートリング

ちょっと時間が空きましたので、
最寄りのレザーズ&トレジャーズに行ってまいりました。


リングをひとつ着けていたからか、ショップのお姉さんに
『シルバー、好きなんですか?』と聞かれました。
『そうですね・・・、結構好きかも。』みたいな返事をしてしまいましたが・・・


クールぶってゴメンナサイ。
本当は、貴女もちょっと引いちゃうくらいに、好きなんです


さて、今夜はレザーズ&トレジャーズの作品を。


レザーズ&トレジャーズ REV ハートリング
レザーズ&トレジャーズ/REV ハートリングです。


以前ご紹介した、REV ロープエッジスカルリング同様、中央のハートがクルクル回るギミックに。
こちらはピンキーリング(小指用リング)として愛用しておりますが、
やはり気がつけば、親指君に容赦なく回されてしまっているわけです。



ハートモチーフではございますが、レザーズ&トレジャーズが作るだけあって、
無骨な感触も楽しめます。
甘すぎないbitterなハートって、やっぱり素敵ですよね。



| 00:09 | 【シルバーアクセサリーブランド】 | comments(4) | trackbacks(0) |

Leathers & Treasures / レザーズ & トレジャーズ REV ロープエッジスカルリング

久しぶりに着けたこのリング、
今日も飽きる事なく、クルクルと回し続けてしまいます。
光が灯るわけでもないんですけどね。


Leathers & Treasures / レザーズ & トレジャーズ REV ロープエッジスカルリング


レザーズ&トレジャーズ スカルリング


LEATHERS & TREASURESについては、
以前の記事にてグランドライオンリングをご紹介さぜて頂きましたが、
1980年に設立された、非常に歴史のあるメンズジュエリーブランドでございます。
(ちなみに、クロムハーツの設立は1988年。)


リング中央でラインを描く、skull faces。
冒頭でも書きました様に、こちらがスムースに回転するギミックになっております。


クロムハーツの"スピナーシリーズ"等、今では時折見かける『仕掛け』ではございますが、
こちらを最初に考案したのが、LEATHERS & TREASURESのデザイナー、
Dennis Pollicino/デニス・ポリチーノ氏と言われております。


真相は分かりませんが、
それを納得させる力を持ったブランドであることは間違いございません。


さて、このリング。
スカルモチーフではあるのですが、
ボディ自体が上品なデザインである為か、
案外シックなファッションにもフィットいたします。


袖をまくった黒い麻のシャツに合わせて、親指に一点着け。
今夜はそんなスタイリングで、大人の夜遊びにでも繰り出したい気分です。



Leathers & Treasures MySpace
 【←Click】






| 00:00 | 【シルバーアクセサリーブランド】 | comments(4) | trackbacks(0) |

LEATHERS AND TREASURES × ベニチオ・デル・トロ

女性ファッション誌を読むのが好きです。
もちろん男性のも好きですが。


数年前の事となりますが、
FIGAROに掲載されていた、ある写真を見て衝撃を受けました。


ベニチオ・デル・トロ


当時上映されていた『CHEチェ 28歳の革命 | 39歳 別れの手紙』、
Benicio Del Toro/ベニチオ・デル・トロ氏のインタビュー記事でございました。


中指からにらみを利かせているライオンのリングに
思わず一目惚れ
こんな凶悪なライオンとは中々出会えません。


どこの作品なのか?
懸命の検索活動もむなしく、情報は一切つかめず。


遂にはツテまで頼り、編集者さんにまで問い合わせて頂きました。


しかし、詳細はご存知なかった様子で、
『アンティークか、オーダーアイテムではないでしょうか?』
との回答にがっくり肩を落としたものです。




表情も、ボリューム感も、とってもツボです。
やはり素敵ですね・・・。


しかし強い願いは叶うもの。


その数週間後、
シルバー界の重鎮、Dennis Pollicino/デニス・ポリチーノによる
LEATHERS AND TREASURES/レザーズ アンド トレジャーズ 
のアイテムである事が判明いたしました。

レザーズ アンド トレジャーズ

こちらが、Grand Lion Ring/グランドライオンリング。
まさに『百獣の王』。
Grandの名にふさわしい威厳を感じます。


早速、最寄のレザーズアンドトレジャーズに足を運んだのですが、
残念ながら、My sizeはあらず。


出会いがあれば、いつかは手にしたい逸品でございます。


ちなみにベニチオ・デル・トロ氏、
過去には大きなゴリラのリングを着用されておりました。


レザーズ アンド トレジャーズ


アニマルモチーフのリングがお好きなんですね。


ちなみにこのゴリラリングは、
Crazy pig/クレイジーピッグの作品だと思います。


レザーズ アンド トレジャーズ

Crazy pig/Gorilla ring


ゴリラさん、大変お怒りのご様子。
でも僕にはとってもlovelyです。


スカルリングも良いですが、
たまにはアニマルリングも素敵だと思いませんか?


デルトロ様、素敵なリングをご教示頂きありがとうございました。



LEATHERS AND TREASURES オフィシャルWebsite 【←Click】

Crazy pig オフィシャルWebsite 【←Click】



| 00:00 | 【シルバーアクセサリーブランド】 | comments(6) | trackbacks(0) |
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...