真夜中に更新される、アクセサリーBlog。
メンズ、レディース問わず、世界中の美しいアイテムを日々紹介。
Realize your jewelry.
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

NEIGHBORHOOD / ネイバーフッド INCENSE CHAMBER 2

 初めてその存在を意識したのは、古着屋でした。


グランジブームのほんの少し前、その独特の匂いにドキドキしたのを覚えています。
時が経ち、それがインド産のお香だと知ってから、
常に僕の部屋にはタバコの匂いを消すかの様に、古着屋と同じ香りが漂っていました。


更に時が経ち、友人からプレゼントされたソレは、
incenseとお洒落な名前で呼ばれている甘美な香りでした。
それ以来、密かな趣味として新しい香りを求め続けています。


いつもの様にネット界を徘徊していると、ちょっと気になるモノを見つけました。
はやる気を抑えつつ在庫と値段を調べると、ショップ限定商品という事を知りました。
このネット社会に現地まで行かないと買えない。
その瞬間、僕の中に雷が落ちました。そして、墜ちました。


本来ならばお店に行かないと知り得ない情報も
容易く手に入れてしまうのは、ある種ネット社会の弊害?


気になるモノがあると仕事すら手に付かなくなる性格の僕は、
気付けば上着を取り出して電車に乗っていました。
彼女達なら『この衝動はまるで恋だね』と笑顔で言ってくれるでしょう。
たとえそれがショップ限定商品という使い古された殺し文句にヤラれたんだとしても…


表参道のハンバーガーショップから脇に入って数十メートル。
この一角に毎週の様に通っていたのは随分と昔の事。
15年ぶりに入ったそのショップは当時と同じ空気の匂いがして、
15年前の僕達が服を吟味しているのを横目にアクセサリーの什器へ。


1940年〜50年代、戦後アメリカへ輸出していたアイテムを復刻した禍々しいソレから、
甘美な香りが立ち上がるのを想像しながら会計を済ませました。


話は逸れますが、以前老人介護の仕事をされている方とお話をした時に、
認知症の老人がある香りを嗅いだときだけ笑顔になるという話を聞きました。
きっと、その人にはとても楽しい想い出の香りなんでしょう。


香りは記憶を喚起させる。


バーで酔いつぶれた匂いも、
ライブハウスの緊迫した匂いも、
アノ娘の汗の匂いも、それは想い出として記憶に刻まれる。たぶん永遠に。


アナタの想い出の香りはなんですか?


NEIGHBORHOOD / ネイバーフッド INCENSE CHAMBER 2

ネイバー・フッド INCENSE CHAMBER 2

ネイバー・フッド INCENSE CHAMBER 2


お酒を呑む時の、新しい夜のお楽しみが増えました。


Realize your jewelry ...with secret



【mitsu×it's12midnight】


JUGEMテーマ:ファッション

| 00:00 | ★ Special Entry | comments(10) | trackbacks(0) |
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...