真夜中に更新される、アクセサリーBlog。
メンズ、レディース問わず、世界中の美しいアイテムを日々紹介。
Realize your jewelry.
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

gbb custome leather / ジョニーが教えてくれたエイジング

今夜は先日のgbb custom leatherの記事の続きを。


当時の僕は、ずっと愛用できるようなレザーブレスレットを探しており、
関する記事を何度か書いたのですが、
それを読んでくださったお客様が、嬉しい事にアドバイスをくださったのです。


オススメくださったのは、gbb custom leatherのレザーブレス。


gbb レザー・・・
johnny deppが愛用していることで、ブランドの存在だけは存じてはいたのですが、
それを期に、深くリサーチしてみました。


デザイナーは、Brennan Byers(ブレナン バイヤーズ)氏。
1968年よりレザーワークに携わっている熟練職人兼デザイナーである彼は、
映画"パイレーツオブカリビアン"のレザーアイテム製作の全てを担当しており、
その時に、ジョニーデップにひとつのレザーブレスを贈ったのです。


感激したジョニーは、フラッシュポイントジムスカルリング同様に常に身に纏い、
それは、まさに彼にとっての"格別なアイテム"となったのです。


僕が一番惹かれたのは、そのエイジングの素晴らしさ。
それはジョニーが約10年の歳月をかけて、身を以って教えてくれました。


gbb custome leather

gbb custome leather


左の写真が2003年頃、そして右が2012年。
長年の使用により、ブラウンカラーは深く深く変貌を遂げております。


長年使い続ける事ができるタフな作り。
そして共にした月日は、この様な美しいエイジングとして、
ブレスレットというキャンバスに描かれ続けていくのです。


すぐにブレナン氏に連絡をとり、
何度も何度もやり取りを重ねることで、僕の理念をご理解いただき、
皆様にご紹介できる運びとなりました。


当時はロバートレッドフォードが主演する"ALL Is Lost"への製作活動で、
多忙きわまりなかったにも関わらず、
本当に丁寧に対応いただいた事は、僕にとっても大きな感動となりました。


そしてプレゼントしてくださったグリーンのカフブレス。
僕の為に作成してくださった、リミテッドアイテム。
10年後どのような変貌を遂げているのかが、今から楽しみでなりません。


そして、gbbの魅力を僕に教えてくださったI さんに、
心からの感謝を込めて。


gbb custom leather (gbb カスタム レザー) 【←Click】







JUGEMテーマ:
シルバーアクセサリー
| 01:40 | 【セレクトショップ系ブランド】 | comments(2) | trackbacks(0) |

ブラジルのスカルリング

久し振りにググッときたスカルリング。
地球の反対側でも、素敵な作品はやはり生み出されているのですね。


スカルリング


こちらはブラジルのアクセサリーブランド"SKULL"の作品。
荒々しい仕上げ、そして良い意味で『スキのある』デザインがいい味わいを出しておりますね。


"SKULL"は本国ブラジルでは、かなりポピュラーの様なのですが、
まだ日本には未上陸なのです。


ここらでひとつ、ふらりと現物を観にいきたいものですが・・・
ブラジルまでの所要時間25時間との事。
さて、どうしましょうか。



JUGEMテーマ:シルバーアクセサリー
 
| 03:38 | 【セレクトショップ系ブランド】 | comments(1) | trackbacks(0) |

フィリップ・クランジの着こなし / Giles & Brother

昨夜は、"カッコいい大人"代表としてNick Wooster氏をご紹介させて頂きましたが、
僕の中では、このお方も大いなるキーパーソンなんです。

 
フィリップ クランジ

Philip Crangi / フィリップ・クランジ


当ショップでもご紹介している、Giles & Brotherのデザイナー、フィリップ・クランジ氏。
こう見ますと、Nick Wooster氏と似ている気もいたしますね。





新作を作成するフィリップ。
スパイクリングレザーバイザーブレスレットを着用されてます。


ブラック×ゴールドのコントラストが生み出す上品な輝き。
当然といえばそれまでですが、
自身のデザインしたアクセサリーを、抜群のセンスで御召になっていますよね。


こちらの着こなしも痺れます。


フィリップ クランジ


ブラックフック レザーフックブレスレット


フィリップ クランジ

HOOK WRAP BRACELET / フックラップ ブレスレット (ナチュラルカラー)


どうしてもsweatになってしまう夏を潜り抜け、
やっとレザーブレスレットを満喫できる季節となりました。


この秋は、フィリップの様なCoolな着こなしで、
腕もとでエイジングを思いきり楽しみたいものです。




| 03:13 | 【セレクトショップ系ブランド】 | comments(1) | trackbacks(0) |

For "IT'S 12 MIDNIGHT"

ショップにてご紹介しているのは、
世界中の数千もの"アクセサリーブランド"のなかより、
厳選に厳選を重ねた珠玉のブランド群。


その一つ一つのブランドに、『憧れ』とも言えるような、格別な思いを抱いております。


僕には”いつかきっと”と願っていた、1つのおおきな夢がありました。
それは、憧れのブランドと共にコラボレーションアイテムを作らせていただくこと。


この度、その夢をかなえてくださったのは、
コインアクセサリーの先駆者である、NORTH cafe&craft


以前より、コンチョのついたヘアゴムを、ブレスレットとして着用するスタイルが気に入っており、
コインを熟知されているノースカフェ&クラフトさんからコラボのお話を頂いた際には、
直ぐにこのヘアゴムのアイデアが浮びました。


コラボアイテムとはいっても、
僕が作りたかったのは、インパクト重視の企画物ではなく、
ずっとご愛用いただけるような、普遍的な魅力を持ったアイテム。


ミーティングから数ヵ月後、
その想いをしっかりと受け止めてくれた理想のヘアゴムが完成いたしました。

NORTH cafe&craft

NORTH cafe&craft for IT'S 12 MIDNIGHT / メディスンホイール ヘアゴム


アメリカの25セント、50セントをモチーフとしたこの二つのヘアゴム。
コインのデザインはネイティブアメリカンが大切にする、
"メディスンホイール(聖なる輪)"をモチーフとして。


そして、こだわりのポイントは、ゴムが容易に交換できるということ。


当ブログでも以前ご紹介した、クロムハーツのヘアゴムを愛用しているのですが、
従来のタイプは、ゴムが切れてしまえば交換ができなく、
また現在のタイプは、ゴムとコンチョの取り外しができるのですが、
それ故に、気づけばコンチョが落ちてしまっているということもしばしば・・・。


やはり末永くお使いいただきたいとの想いから、
「両端にビーズをセットして結ぶ」という作りにいたしました。


これですと、ゴムが切れてしまっても自分で簡単に付け替える事ができますし、
カラフルなビーズが腕元にPOPなアクセントを与えてくれると考えたのです。


メディスンホイールの隙間から、ちらりと覗くビーズ。
本当に素敵に仕上げてくださって、心から感激しております。


NORTH cafe&craft / ノースカフェ&クラフト 【←Click】



JUGEMテーマ:シルバーアクセサリー
 
| 00:59 | 【セレクトショップ系ブランド】 | comments(1) | trackbacks(0) |

Lauren Wolf

当ショップの設立時よりご紹介させて頂いております、
アメリカのジュエリーブランド、LAUREN WOLF (ローレン ウルフ)


ユニセックスというカテゴりーの、
さらにはど真ん中に位置するような、その中性的な作風には、
ひと目見たあの日から、今もかわらず夢中にさせられております。


この度入荷いたしました、こちらの新作。
このアーバンでソフィスティケイテッドな仕上がりこそが、ローレンの真骨頂。


ローレン ウルフ
ローレン ウルフ

LAUREN WOLF (ローレン ウルフ) / 新作ジュエリー


ショップオープン当初、
日本ではまだほとんど知名度がなかった、ローレンのジュエリーですが、
現在は、大手デパートや有名セレクトショップでも、しばしば目にする事がございます。


当ショップが、わずかでも貢献できたか否かはわかりませんが、
この約一年半を、共に前に歩んできているような感覚を覚え、
何とも嬉しい気持ちになります。


今年の秋は、"かわいい"より"かっこいい"でいきませんか?
心からオススメできるブランドです。


LAUREN WOLF (ローレン ウルフ) 【←Click】




JUGEMテーマ:シルバーアクセサリー
| 00:21 | 【セレクトショップ系ブランド】 | comments(2) | trackbacks(0) |

無骨なカラーブレス!?

先日ご協力いただきました、アンケートのテーマでもございましたが、
最近、『カラフルなブレスレット』をよく身につけます。


僕は、基本的に無地のシンプルな服を好んで着ているのですが、
そこに、"挿し色"としてブレスレットをはじめとする楽しい色味の小物を合わせるのが好きなのです。


たとえばシャーベットカラーのような、フェミニンな色合いでも、
小物としてならば、男性も存分に楽しむ事ができます。


ところで、カラーブレスレットといえば、細身なコードをグルグルといったイメージだったのですが・・・
なるほど、このアイデアは素晴らしいですね。


カラーブレス

こちらは、LAのジュエリーブランド、 Vanessa Mooneyの"BRASS JOEY BRACELET"。


POPなカラーコードと合わせたのは、無骨なブラスの喜平チェーン。
"アンバランスの妙"ともいえるこのMIX感。
このセンス、大好きです。


またお値段が16ドルというのも、なんとも素敵で・・・
さっそくお問い合わせさせて頂こうかな。




| 00:34 | 【セレクトショップ系ブランド】 | comments(1) | trackbacks(0) |

VERAMEAT / ネッシーネックレス

バルセロナの動物園には、かつて"コピート・デ・ニエベ(小さな雪片)"と呼ばれた、
真っ白いゴリラがいたそうです。


亡くなるまでに、3頭のメスとの間に21頭の子をなしたのですが、
その白さはどの子にも遺伝しなかったようで。


きっと"突然変異"という言葉で説明されるのでしょうが、
ロマンティックに解釈すれば"奇跡"とも言えますよね。


『きっとイエティの正体も、真っ白いゴリラなんだよ。』
『いや、ヒマラヤ山脈一帯には、ゴリラは生息してないんだって。』
『だとしたら・・・』


コピート君のお蔭で、久し振りにUMAトークに花が咲いたのでした。


ほとんどのUMA未確認生物)は、
火のないところから煙が立っているような気もしますが、
中にはとてつもない"突然変異"によって、実在するモノもあるのでは・・・
だなんて、今だに信じております。


VERAMEAT / ネッシーネックレス

VERAMEAT / ネッシーネックレス


幼き頃に胸を熱くさせれてくれた、UMAのエース、ネッシー。
物議を醸した例のモノクロ写真を思い出しました。


そのネッシーをモチーフにするなんて、
VERAMEATのアイデアはやっぱり素敵です。


あの頃のピュアな気持ちを忘れぬよう、
胸にぶら下げておくのも楽しいかも知れませんね。


VERAMEAT / ネッシーネックレス
  【←Click】



JUGEMテーマ:シルバーアクセサリー



| 01:54 | 【セレクトショップ系ブランド】 | comments(1) | trackbacks(0) |

UNDERCOVER / 棘チェーンブレスレット

シンプルなブレスレットに添えられた、"棘"という絶妙なスパイス。
さすがはUNDERCOVER!な逸品。


UNDERCOVER /  棘チェーンブレスレット

UNDERCOVER /  棘チェーンブレスレット


ファッション性に富みながらも、
このブレスを着ける意義も同時に与えてくれそうなこのデザイン。


同シリーズのウォレットチェーンも発表されている様ですので、
これは直ぐに、最寄のアンダーカバーまでチェックしに行かねばなりません。


JUGEMテーマ:シルバーアクセサリー
 
| 00:13 | 【セレクトショップ系ブランド】 | comments(1) | trackbacks(0) |

Garden of Eden / ディアホーンキー

アクセサリーは、基本的には機能性をもちません。
それがただ純粋に、"装飾品"であることも、もちろん美しいのですが・・・


Garden of Eden / ディアホーンキー

Garden of Eden / ディアホーンキー


鹿の角をかたどったペンダントトップの先端にはKEYがセット。
これを鍵屋さんにもっていけば、
自宅や自動車、バイクなどのスペアキーとしてお使いただけるのです。


こちらの作品は、当ショップにてご紹介させて頂いている、
ガーデン オブ エデン / Garden of Edenの傑作、ディアホーンキー


すぐ鍵を無くしてしまう僕ですが、
これならばアクセサリーとして肌身離さず持っておけますね。


機能性を持ちあわせた、美しきアクセサリー。
オススメです


Garden of Eden (ガーデン オブ エデン) 【←Click】


JUGEMテーマ:シルバーアクセサリー
 
| 00:43 | 【セレクトショップ系ブランド】 | comments(1) | trackbacks(0) |

NORTH cafe&craft part 2

今夜は、先日の"NORTH cafe&craft"の記事の続きを。


出迎えてくださったのは、代表の伊藤さんと、デザイナーの丸山さん。


その日は休日であり、
さらには、ブランドの再スタートに向け一番お忙しい折だというのに、
暖かく迎えてくださいました事に、とっても感激いたしました。


ブランドのヒストリー、コインジュエリーの作成方法、
そして、キースリチャーズについて。


大先輩であるお二人が聞かせてくださるお話は、
どれも刺激的でありながらも、優しく包み込むように僕に浸透していくのです。
・・・・気づけば、すでに数時間が経過しておりました。
これこそが、僕にとって最も贅沢で、最も楽しい時間なのです。


NORTH cafe&cratといえば、
日本におけるコインジュエリーの先駆者として、押しも押されもせぬ著名な存在です。
代表作はこちらのモルガンダラーリング。


NORTH cafe&craft


用いられるのは、アメリカの貴重なヴィンテージコイン。
平面であるはずの一枚のコインは、まるで魔法にでも掛かったように、
立体的なジュエリーへと生まれかわるのです。


サイズによって、形状が大きく異なるのも魅力のひとつ。
全てハンドメイドにて作成される、世界にたった一つのリングとなるのです。


このモルガンリングのほかにも、珠玉のラインナップがあるわけですから、
テンションはマックスにあがってしまうのです。


NORTH cafe&craft

NORTH cafe&craft

さらに続く・・・


NORTH cafe&craft
 【←Click】



JUGEMテーマ:シルバーアクセサリー
| 00:41 | 【セレクトショップ系ブランド】 | comments(1) | trackbacks(0) |
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...