真夜中に更新される、アクセサリーBlog。
メンズ、レディース問わず、世界中の美しいアイテムを日々紹介。
Realize your jewelry.
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

HERMES/エルメス シェーヌダンクル ネックレス

少し前の物となりますが、
フランス土産の品を。


HERMES/エルメス シェーヌダンクルのネックレスです。
正式な商品名はわかりませんが、
シェーヌダンクルパーツのかたまりがトップになっております。


エルメス シェーヌダンクル ネックレス


何かの形にみえませんか?


エルメス シェーヌダンクル ネックレス


・・・人ですよね?


普段はパーツがぐしゃっと垂れているため、全貌はよくわかりませんが、
ジュエリーBoxに戻す時には、なぜでしょう、いつもこのポーズにしてしまいます。


シンプルな黒のコードに、程よいボリューム感のトップがバランスの妙を演出。
また作り手の意図があまり見えないところに、強く惹かれてしまいます。


夏は、白いVネックのTシャツと合わせて楽しみました。
僕の子分みたいで可愛い奴です。



Hermes/エルメスオフィシャルWebsite 【←Click】


JUGEMテーマ:宝飾・ブランド品




| 00:01 | ■ Hermes/エルメス | comments(6) | trackbacks(0) |

HERMES/エルメス メドールブレスレット

夏の露出した肌には、
スパイシーなアクセサリーがお勧めです。


こちらは、HERMES/エルメス メドールブレスレット


『定番』として君臨する、『斬新』なデザインは、
着ける者にvividな刺激を与えてくれます。


エルメス メドール


取って付けたような、大きなゴールドのスタッズ。
しかし、そこにある事が必然であるとも思わせる説得力に、
『Made in Hermes』のvalueを感じます。


主にモノトーンコーディネイトの差し色として、活躍しております。


エルメスといえば、先日発表されたデザイナ交代のニュースが業界を騒がせました。


マルタン・マルジェラ氏の後任として7年間デザイナを務めたジャンポール・ゴルチエ氏が離任。
2011年より新デザイナとして、クリストフ・ルメール氏が大抜擢されました。


今後のエルメスが、どのような変貌を楽しませてくれるのか、
大変興味を持っております。
(※アクセサリーデザイナはピエール・アルディ氏です。)



Hermes/エルメスオフィシャルWebsite 【←Click】


■追記

小旅行を計画しております。
旅のBGMに、お勧めの一枚がございましたら、
ご教示ください。

コメントお待ちしております


JUGEMテーマ:ファッション

| 00:05 | ■ Hermes/エルメス | comments(6) | trackbacks(0) |

Hermes/エルメスのCrescendo

先日はヴィンテージエルメスのマネークリップをご紹介させて頂きましたが、
本日もエルメスのアクセサリーを。
とはいっても、所有している物ではございませんが・・・。


Silver Jewelryにおいても、
数々の傑作を生み出しているエルメスですが、
やはり最高傑作は、定番であるシェーヌダンクル(Chaîne d'Ancre) だと感じているのは、
僕だけでは無い筈。

エルメス シェーヌダンクル

こちらがシェーヌダンクル。やはり素敵です。
シンプルながらも、その独特なチェーンは多くのブランドに影響を与えました。


が、しかし、
WEBサーフィンをしてると、それ以上に僕好みの逸品を発見。

エルメス クレッシェンド

エルメス クレッシェンド


どうでしょうか。
オーバルリンクのグラデイションがたまりませんね。
しかし商品の詳細情報は一切わからず。


ことアクセサリーに関しては、
若手敏腕社長並のフットワークを持つ私、
ネットで発見した一時間後には、最寄のHERMESに足を運んでおりました。


やはりレアなブレスレットの様で、
在庫は勿論、
店員さんも存在すら知らないご様子。
バックルームから取り出した業務用のカタログから、
ペラペラと探しだしてくださいました。


商品名は『Crescendo』
そう、「徐々に強く」という意味を持つ音楽記号のクレシェンドから名付けられております。


いやはや、ネーミングも素晴らしい。


気になるお値段は18万2千円との事。
値段設定もお上手ですね。


さて、エルメスの公式サイトですが、予想外にポップな仕上がりになっております。
是非一度ごらんください。
Crescendoは紹介されておりませんのであしからず。




JUGEMテーマ:宝飾・ブランド品
| 00:24 | ■ Hermes/エルメス | comments(6) | trackbacks(0) |

Vintage Hermes/ヴィンテージ エルメスのマネークリップ

『今朝のおめざ』は、大好きな沖縄の友人が送ってきてくれた、
ちんすこうショコラ。



伝統的な銘菓が今風にアレンジされ、
なんとも美味でございました。


いつも気遣っていただき
ありがとうございます。


さて本日は、夕方からバンドメンバーとの会合がございます。
久々にこのアイテムを使いたい気分です。






Vintage Hermès/ヴィンテージ エルメスのマネークリップです。


エルメスだけあり、Horseモチーフが用いられておりますね。


裏面には『1748』とのイングレイブ。
おそらく作成年ではないと思います。


普段使いの財布は少々大きい物ですので、
身軽に動きたい時に、マネークリップは重宝します。


高級ブランドの人気ラインの物を持つ事には、
少々抵抗を感じる僕ですが、
こういったヴィンテージアイテムとなると、
かなり惹かれてしまいます。


エルメスは200年弱の歴史がございます。
いつかパリの蚤の市などで、お宝を探し出したいものですね。


JUGEMテーマ:宝飾・ブランド品

| 13:20 | ■ Hermes/エルメス | comments(6) | trackbacks(0) |

ライカM7 200台限定のエルメス・エディション

ブログを書くようになってから、カメラに興味を持つようになりました。


お時間を頂き、読んで頂くからには、
少しでも綺麗な写真をお届けできれば、との思いは日ましに強まります。


ですので、カメラには『ルックス』ではなく、断然『機能性』を求めるのですが、
兼ね備えた素晴らしいカメラを発見致しました。



ライカM7、限定のエルメス・エディションです。


貼革にエルメスらしいオレンジ、またはエトゥープのカーフスキンが用いられております。
そもそもエルメスはライカの大株主という背景もありますので、こういったコラボアイテムが誕生したのでしょう。


ちなみにこのライカM7は35mmレンジファインダー式のフィルムカメラ。
ディジタルでないのが、なんともニクイですね。


シリアルナンバー付きの200台限定。
気になるお値段ですが、8550ポンド→本日の為替で115万円くらい。




実際手にする可能性は低いとは思いますが、
どこにでも連れて歩きたくなる逸品だと思います。

JUGEMテーマ:フィルムカメラ





| 11:09 | ■ Hermes/エルメス | comments(4) | trackbacks(3) |
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...