真夜中に更新される、アクセサリーBlog。
メンズ、レディース問わず、世界中の美しいアイテムを日々紹介。
Realize your jewelry.
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ブラックオパールとルビー(ピジョンブラッド)

今日は、ジュエリーには欠かせない宝石について。


皆さんにとって、特別な宝石はございますか?


美しいと思う対象も十人十色ですが、
やはり一番人気があるのはダイヤモンドでしょうか。


僕は、Black opal/ブラックオパールに強く惹かれます。



ブラックオパールとして認定される物は、原則として、
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州北部・ライトニングリッジ産
のみと限定されています。


ただ、宝石鑑定には案外適当な所があり、
現地のGIA GG宝石鑑定士による、ブラックオパールとしての宝石鑑定書を貰っておかないと、他の鑑定士には認定されない場合があります。


やはり、宝石は自然の産物なので、
明確な規定を定めるのが難しく、見る人によって査定が変わってしまう様です。


次に好きなのがRuby/ルビーですね。


石言葉は、純愛・熱情。
大切な意味を持つ石だと思います。


特に、『Pigeon blood/ピジョンブラッド』と呼ばれる最高級グレードのルビーは、
吸い込まれそうになるほど美しいです。




ピジョンブラッドの多くは、ビルマ産(現在のミャンマー)で、
深みと透明度が共存する赤色が特徴です。


ネット上に詳細が記載されておりましたので、
引用紹介いたします。


『その価値は、ダイヤモンドをも凌ぎます。
 
ルビーはもともと良質で大きな結晶が育ちにくい宝石です。
その中で「ピジョンブラッド」が発見される確率はルビー全体の採掘量のなんと1/10,000といわれ、さらに10カラット以上のものとなると1年に1個産出されるかどうかという稀少さです。

価格にしてなんと1億円以上。
これはジェムクオリティーの10カラットのダイヤモンドのほぼ3倍の価格です。』


とはいえ、鑑定書に『ピジョンブラッド』と表記されていても、
それを認定する機関がないというのも実情です。


なんともファジーな世界ですね。


宝石を購入する際に一番大切なのは、『自分が美しいと感じる石』を選ぶ事。
結局、値段やランクは他人の評価でしかありません。


JUGEMテーマ:宝飾・ブランド品
| 00:00 | 【宝石】 | comments(2) | trackbacks(0) |
自然の産物って素敵ですよねo(≧∇≦o)

私は、アメシスト(アメジスト)紫水晶が大好きです(≧▽≦)/

紫って1つの色では出来ない色で、様々な色の集合体なんです(^-^)

人間も争わず協力することで、美しい世界が出来るといいなへ(^-^)乂(^o^)ノ
| Larme | 2010/06/28 18:18 |
■Larmeさま


なるほど、アメシストがお好きなのですね!
僕も紫が基本好きですので、アメシストはかなり好きな石だったりします。
購入しやすい値段なのも嬉しいですよね。

なるほど、紫は調和によって生まれているのですね。
我々も、国籍や人種に関わらず、美しく交ざりあいたいものですね!
| 12 | 2010/06/30 11:46 |









 
この記事のトラックバックURL

http://blog.its12midnight.com/trackback/28
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...