真夜中に更新される、アクセサリーBlog。
メンズ、レディース問わず、世界中の美しいアイテムを日々紹介。
Realize your jewelry.
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Taylor Burton / テーラー・バートン

いまだに使いこなせてはいないのですが、
Twitterをやっております。


十人十色とはよく言ったもので、
色んな人の意見が聞けるのは、やはり面白いし、勉強になります。


特にチェックするのは横尾忠則氏のつぶやき。
先日惜しまれつつもこの世を去ったエリザベステイラーさんに関して
この様なTweetがありました。


『エリザベス・テイラーが亡くなった。
高2の時彼女にファンレターを書いたら、手紙とサイン(ぼくの名も入っている)入りのブロマイドと、
ぼくが切手コレクターだと知って世界から寄せられたファンレターの封筒の切手を沢山はがして送ってくれた。
エイズ撲滅で来日した時、テイラーに会った。』


僕にとってはリアルタイムの世代ではございませんので、
彼女に関して多くのことを知っているわけではないのですが、
このエピソードから、優しくて細やかな心を持った方だということが伝わりました。


さて、今夜はそのエリザベステイラーが所有していた、
驚愕のダイヤモンドをご紹介いたします。

Taylor Burton / テーラー・バートン

Taylor Burton / テーラー・バートン


8度の結婚と7度の離婚を経験しているエリザベス・テイラー。
彼女の5番目の夫である同じくハリウッドスターの、リチャード・バートンから、
40歳の誕生日にもらったこの69.42カラットのダイヤモンド。


二人の名前をとって、Taylor Burton / テーラー・バートンと名付けられました。


写真でみますと、ただ大きいなぁといった印象ですが、
動画では、とてつもなく美しい輝きが見て取れます。

(携帯の方はコチラより)





0:51あたりにご注目。
これは、またもや直視すると目がやられるレベルですね。

しかし、細い指先には相当重そうで、ネックレスとしての方が安心できそうです。


Taylor Burton / テーラー・バートン


こちらのネックレスはカルティエが作成。
どんな着け心地がするのでしょうか。


1978年の離婚後、競売にかけられたダイヤは、
いまサウジアラビアにあるという噂ですが・・・
一体どんな方が所有されているのでしょうね。


この週末は、久し振りに映画でもみてゆっくりしたい気分。
二人が共演した『いそしぎ』でも改めて観ようかな。



JUGEMテーマ:宝飾・ブランド品

| 01:15 | 【宝石】 | comments(8) | trackbacks(0) |
まず、故人に、心からご冥福をお祈りいたします。

優しい心を持っている方ほど傷つき易く、

又傷つく度に優しくなれる気が致します。

しかし、眩いを超越した凄まじい輝きですね...

正しく主を選ぶであろう逸品。

カルティエのネックレスは、バランス美が素晴らしいですね...

女性の涙を勝手に妄想致します。

美しい心と透き通った美しい光の宝石...

なんだか、心が洗われた気分です。
| タッピング | 2011/03/26 01:53 |
訃報をニュースで見ましたが、凄い存在感でした。
人柄も良さそうな感じで。

アクセサリーは自分に似合うかどうかという所が大事ですよね。
デザインが好きでも、似合わなければ買いはしない。
でもそれはやっぱり悔しいから、自分磨きに励んで似合わす。
クロムハーツなんかはその典型ですかね。

テーラー・バートンは彼女の雰囲気にピッタリだと思いました。
| sh | 2011/03/26 02:10 |
素晴らしいダイヤですね。
これはもうエリザベス・テイラー以外の誰も
着けこなすことは出来ないのではないでしょうか?
このように大きなダイヤを着けていても
嫌味でもなく 存在が薄くなるでもなく
ほんとうにリズはゴージャスな女優だった
と思います。
| オババ | 2011/03/26 02:17 |
ちょっとだけ、宝石店の手伝いをして、質の良いとされる石に触れる機会に恵まれましたが…
この大きさで、しかも画像でこの光は圧巻ですね。
この方だからこそ、着ける価値があったのでしょうね。

カルティエのデザインは、ため息ものです。
このカットをこんな並びにデザインするなんて!
Jewelryからしばらく遠ざかっていましたが、刺激になりました。

「いそしぎ」
まだ川の字で両親と寝ていたころ、テーマ音楽は(父親の趣味で)BGMでした。
なぜか、夏の蚊帳を思い出します。
| Mi's | 2011/03/26 23:51 |
■タッピングさま

横尾氏が有名な方になった事で、知られたエピソード。
明るみにはなってなくとも、きっとファンを心から大切にされたのではないかと想像します。

美しい心をもった大女優だからこそ、
こうもフィットするのかも知れません。
| twelve | 2011/03/29 20:40 |
■shさま

どうせ着けるのであれば、自己満足で終わらせるのではなく、
自分の物にしたいですよね。

おっしゃるとおり、
存在感の強いアクセサリーは、自分を高めてくれる事もある気がします。

人間の成長とは、ちょっと背伸びから生まれるものなのかもしれませんね。
| twelve | 2011/03/29 20:43 |
■オババさま

おっしゃるとおり、エリザベステイラーを形容するには『ゴージャス』という言葉が一番ぴったりくる気がします。

あれだけ大ぶりのダイヤであれば、
ちょっと下品になったり、嫌味になってしまいそうな気もしますが、完全に自分のモノにしてしますエリザベステイラーは偉大ですね。
| twelve | 2011/03/29 20:45 |
■Mi'sさま

まるで、中から光を放っているかのような、
驚くほどにまばゆいキラメキですね。

いそしぎを好んで聴かれていたとは、
とってもお洒落なお父様ですね。

Mi'sさまがアーティストになられたのも、
もしかするとお父様のご影響があったりして。

家族みんなで寝ている、暖かい情景を
想像いたしました。
| twelve | 2011/03/29 20:52 |









 
この記事のトラックバックURL

http://blog.its12midnight.com/trackback/276
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...