真夜中に更新される、アクセサリーBlog。
メンズ、レディース問わず、世界中の美しいアイテムを日々紹介。
Realize your jewelry.
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

春色のキラメキ スワロフスキー / ロゼッタシリーズ

葉桜の季節となりました。
アウターを羽織らずに、肌で陽気を楽しめるこの頃。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?


さて、この季節になってまいりますと、女性のファッションも春色に染まってまいります。
アクセサリーにおいても同様で、淡いパステルカラーはこの季節にひときわ映えます。


スワロフスキーの"2012年春コレクション"として発表された、ロゼッタシリーズ。
この色使いは、男性の僕であっても心奪われてしまいます。


スワロフスキー ロゼッタスワロフスキー ロゼッタ



スワロフスキー / ロゼッタシリーズ


パステルカラー×ゴールドが生み出す、珠玉のグラデーション。
着こなしのインスピレーションを、グイっとかき立ててくれそう。
個人的には、淡いピンクのリボンとあわせた2連ネックレスが特に気になります。


服ではなかなかこういった色合いを取り入れにくいと思っている方も、
黒やグレーの着こなしに、そっとシャーベットカラーのアクセサリーを添えてみてはいかがでしょう。
ギャップがますます春らしさをひきたてますよ。


女性の特権ともいえそうな"春色のキラメキ"をお供に、
この季節を、どうぞご満喫くださいね。



JUGEMテーマ:宝飾・ブランド品




| 00:32 | 【宝石】 | comments(2) | trackbacks(0) |

スターブラックダイオプサイト

最近、ストーン系のアクセサリーに強く惹かれます。
とにかく着け易く、ファッション性が高い。
またお守りのような意味合いを感じ取れるのも愛着のひとつとなりますよね。


アクセサリー業界を総じて眺めても、
いま大きなムーブメントが来ていることも肌で感じますが、
その流れは必然のような気がします。




スターブラックダイオプサイト

スターブラックダイオプサイト


黒は、スタンダードなカラーでありながら、
普段色物を好む僕にとっては、
なんだか刺激的な"攻め"の色に感じるのです。


黒に刻まれる、光十字。
それは、暗闇を切り開き光を掴むかのよう。


そんな想いを抱かせてくれるこの宝石に、
なんだか心が高ぶりました。


JUGEMテーマ:宝飾・ブランド品

| 01:18 | 【宝石】 | comments(2) | trackbacks(0) |

JOLIJOU / ジョリジュ

パールの放つ柔らかな輝き、球状の持つなめらかなフォルム。
そこには、常識のように『女性の領域』と位置付けられたコンセンサスが存在し、
男性は踏み入る事ができませんでした。


男性にもパールを。


きっと、数多くのアクセサリーブランドが試みたであろうその壁を、
ここまで見事に乗り越えた作品と出会ったのは始めてでした。

JOLIJOU / ジョリジュ
JOLIJOU / ジョリジュ

JOLIJOU / ジョリジュ


ドメスティックアクセサリーブランド、JOLIJOU。
まだ設立間もないブランドでありながらも、その類稀なる才能には、
ジュエリー業界に革命を起こすかのような、強いエネルギーを感じます。


例えば、これらブラックパールを用いたリングは、
ある常識を超えたアイデアによって生み出されました。


それは、貴重な天然パールを”削る”ということ。


パールを球体のままジュエリーに用いると、
どうしてもデザイン的に女性的になってしまうため、
JOLIJOUのパールは、1点1点丁寧に削りだし円錐形に仕上げられております。


ジュエリー業界ではタブーとされている、パールを削るという行為。
特に高価とされる大粒の黒本真珠を削るという、
誰もが試みなかったタブーを破り、
これだけ魅力的なデザインは生み出したJOLIJOUの姿勢には、
ただただ"Rock"を感じます。


JOLIJOU / ジョリジュ


唯一、海から生まれる宝石であるパール。
そのパールを男らしさと力強さで包んだJOLIJOUのジュエリはー、まさに『海賊旗』。


海を愛する方に。
そして常識にとらわれないアウトローに。


JOLIJOU / ジョリジュ 【←Click】



JUGEMテーマ:宝飾・ブランド品
 
| 01:51 | 【宝石】 | comments(4) | trackbacks(0) |

次世代のパールジュエリー

最近、パールの淡い輝きに強く惹かれます。


デリケートで優しいそのヒカリがもたらす楽しみは、
もはや女性の特権ではなく、男性の心にも深く浸透してきている気がします。


イタリアのジュエリーブランド『Lia Di Gregorio』が提案する、
次世代のパールジュエリー。
パール=クラシックといった固定概念を覆す、斬新なデザインに目を奪われました。


パールジュエリー
パールジュエリー
パールジュエリー


このような、素敵なレディースジュエリーを眺めますと、
男性としては、ふつふつとこみ上げるものがございますね。


しかし、この国には男性のための至高のパールジュエリーが存在いたします。
次回の記事でご紹介させて頂きます。


JUGEMテーマ:宝飾・ブランド品
 
| 01:22 | 【宝石】 | comments(2) | trackbacks(0) |

ダイヤモンドの星

現在に至るまで、人の手で研磨されたダイヤモンドの量は、
二階建てのロンドンバスに収まるほどでしかないと言われております。


ダイヤを知らない人はいないでしょうし、その存在は我々の生活に浸透しておりますが、
産出量がそれほど少ないとは、ダイヤがいかに貴重であるかを、改めて痛感させられます。


しかし、しかし。
地球から4000光年離れた銀河系内には、
地球の約5倍の大きさのダイヤモンドで出来た星が発見されたそうです。


ダイヤモンド 星

ダイヤモンドの星


ある学者によると、ダイヤモンドの様に光輝いていないと予想しているようですが、
いつかは映像としてこの目で確認できる日がくるやも知れませんね。


ちなみにダイヤモンドの価格は、重さ(カラット)の2乗に比例するといわれています。
つまり、カラットが2倍・3倍になると、価格は4倍・9倍のように上がると考えられます。


もしこの惑星に価格を付けるとすると・・・。
この後は、どなたか数学の得意な方に任せるとして、
僕はそろそろ眠る事に致します(笑)


JUGEMテーマ:宝飾・ブランド品




| 01:01 | 【宝石】 | comments(6) | trackbacks(0) |

リサイクルアクセサリー

小学生のときの話です。


無くしてしまった僕の筆箱。
担任を始めクラス全員が懸命に探してくれたのですが、
申し訳ない気持ちから、『また新しいのを買ってもらうから、もういいです』と言ってしまいました。
その後、先生にこっぴどく叱られた事は、今でも鮮明に覚えております。


大量生産による低価格商品が氾濫していく一方で、
我々の先の世代の方達が持ち合わせた『物を大切にする気持ち』を共有する事は、
案外難しい事になってきている気がします。


しかしこんな時代だからこそ、
物にも愛情を注いでいる様を見ると、何とも気持ちのいい感覚を覚えるものです。

リサイクル アクセサリー
リサイクル アクセサリー

さて、こちらのエッジーでスタイリッシュなアクセサリー達は、
ニューヨーク・のジュエリーブランド「Dirty Librarian Chains」の作品。


実はこちら、壊れたジュエリーや、ヴィンテージ素材を用いて作られた
リサイクルアクセサリーなのです。


もちろんリサイクルの精神に尊さを感じるわけですが、
それ以上に秀逸なデザインであること、
そして、同じモノがふたつと存在しない『一点モノ』である事にも、強く惹かれます。


ビリーブインミラクル ネックレス

>> BELIEVEINMIRACLE  /  JUNK NC


こちらは、お馴染みビリーブインミラクルより、
創設期からのロングセラーアイテムである、JUNK NC / ジャンクネックレス


ジャンクとリサイクルがコンセプトの作品で、
切れたチェーンや余った地金など、製作過程で生じたパーツを無造作に組み合わせて
作成されております。


どんな服にもフィットするファッション性と、素晴らしいバランス感覚を持ち合わせた、
ビリーブインミラクルの傑作アイテム。
一つ一つに個体差があるのも楽しいですよね。


『物を大切にする』という発想ではなく、
『大切にできる物を選ぶ』という考え方。


それも、この時代におけるエコロジーの1つの形なのかもしれませんね。


JUGEMテーマ:宝飾・ブランド品
| 00:43 | 【宝石】 | comments(2) | trackbacks(0) |

パライバトルマリン

現在、幾つかのウェブサイト構築において、
そのディレクションを任せていただいております。


もちろんその全てに、こだわりを凝縮していくわけですが、
中でも『色彩』には、特に気を掛けるように心がけております。


潜在意識のなかで、色が人に与える影響は、
想像以上に大きい気がするのです。


暑い暑い夏の日。


目に差し込むみずみずしいブルーが、
もたらしてくれる、ひとときの涼。
温度は何一つ変わっていないのに、
色1つで心が動いてしまう事も、やはりあるんですよね。


パライバトルマリン


パライバトルマリン



様々な色彩を持つトルマリンの中でも、
鮮やかな「ネオンブルー」を帯びた、この奇跡のトルマリン。
ブラジルのパライバから初めて産出されたことから
「パライバトルマリン」と呼ばれております。


高い彩度がもたらす、この清涼感あるのキラメキ。


この色から冷たくひえたソーダ水を連想したあたりが、
僕の素養を物語るわけですが(笑)


この季節、ほんの少し体感温度を下げてくれる事を期待しつつ、
美しいブルーを身の回りに置くのも素敵かも。


僕にとっては、お気に入りのブルーのグラスに氷を目一杯入れて飲む炭酸水が、格別なご褒美になっております。


繰り返し言っている気もしますが、
今年の夏は、例年よりも暑い日々となるのでしょう。
上手に涼を取って、素敵な夏にしたいものです。



JUGEMテーマ:宝飾・ブランド品
| 02:29 | 【宝石】 | comments(12) | trackbacks(0) |

ペリドットの降る星

『1光年』とは、ヒカリが一年間に進むことのできる距離。
つまり想像も出来ないほどに、とてつもなく長い距離なのですが、
地球から1350光年ほど離れたある天体において、
『かんらん石』の結晶が降りそそいでいることがわかったそうです。


カンラン石 ペリドット

かんらん石の結晶


かんらん石の中でも純度の高い結晶は、
当ブログでもご紹介した8月の誕生石であるペリドットと呼ばれます。
つまりそこは、『宝石の雨が降り注ぐ星』といえそうです。


それはその天体の重力に依存するのでしょうが、
この美しいミドリの結晶は、どのくらいの速度で落ちてくるのでしょうか。
当たればタンコブでは済まない気がしますが、この目でその様を眺めてみたいものです。


暗い夜空から舞い降りるキラキラ。
想像するだけでもトキメキますね


JUGEMテーマ:宝飾・ブランド品


| 00:24 | 【宝石】 | comments(12) | trackbacks(0) |

7月の誕生石 Ruby / ルビー

毎月1日は、誕生石のお話を。
ついに最終回となりました。


7月の誕生石は、ruby / ルビー
その燃えるような情熱の色を持つ宝石のお話しです。


ルビー

7月の誕生石 Ruby / ルビー


1年程前になりますが、僕が好きな宝石のひとつとして紹介させていただきました。
ピジョン・ブラッド


宝石には古(いにしえ)から様々ないわれがあります。
このルビーに関しても多くのことが書かれておりますが、
当ブログをご覧いただいている皆様には既にご存知のことも多いかと思われますので、
割愛いたしますね。


少しだけ、鉱物学的なお話しを。
ルビーの成分は酸化アルミニウム鉱物ですが、その情熱的で官能的なレッドカラーは、
石の中の酸化クロムという異物(インクリュージョン)によって生まれます。


宝石の中のインクリュージョンは美しさを邪魔するものと考えられがちで、
僕もそう思っておりました。
しかし、このインクリュージョンがなければ、ルビーの鮮やかな赤色は存在しないのだそう。
この事を知ったときは、なんだか感慨深いものがありました。


数ある宝石の中で、僕が「力強さ」のイメージを抱くのは、ダイヤモンドとこのルビーです。
ダイヤモンドが透明度に価値を見出だされ、
その無垢な強さへ引き付けられるような感覚に対して、
ルビーのそれは今の自分が持っているものを共有し、
より強さを深めてくれる、そんな印象を感じさせられます。


いつまでも挑戦していく気持ちを持ち続け、
このルビーのように、自分の中のインクリュージョンが魅力的なカラーになり、
輝きを放つことができますように・・・


誕生石シリーズは今夜で12話。
ここでひとくくりとさせていただきます。
これからも様々角度から、美しい宝石を紹介し続けたいと思っております。
どうぞお楽しみに。


>> 1月の誕生石 Garnet/ガーネット
>> 2月の誕生石 Amethyst / アメジスト
>> 3月の誕生石 Aquamarine / アクアマリン
>> 4月の誕生石 Diamond / ダイヤモンド
>> 5月の誕生石 Emerald / エメラルド
>> 6月の誕生石 pearl / パール
>> 8月の誕生石 Peridot/ペリドット
>> 9月の誕生石 Sapphire/サファイア
>> 10月の誕生石 Opal/オパール
>> 11月の誕生石 Topaz/トパーズ
>> 12月の誕生石 Turquoise/ターコイズ


 
JUGEMテーマ:宝飾・ブランド品
| 00:00 | 【宝石】 | comments(14) | trackbacks(0) |

6月の誕生石 pearl / パール

毎月1日は、誕生石のお話を。


6月の誕生石は、Pearl / パール
貝から生まれる、この宝石のお話をしたいと思います。


パール 6月の誕生石

6月の誕生石 pearl / パール


4000年以上昔から、海の宝玉として重宝されたパール。


上質のシルクように滑らかで淡い輝きを放つ、そのルックスが美しい事はもちろん、
中国では、古くから漢方として飲まれていたそう。


またクレオパトラは、その美と富を誇示するために、
真珠をすりつぶした粉をワインビネガーに溶かして飲んだと伝えられています。
楊貴妃や西太后も、美を保つ秘訣として真珠粉を酢などに溶かし、
飲み続けていたようです。


驚く事に、現代日本においても解熱剤として用いられ、
現在も風邪薬として販売されているそう。
知らぬところで、多くの恩恵を受けているのですね。


現在のように養殖技術が確立する以前は、
『世界のあらゆる貴重なものの中で最も高価なもの』
とまで称されたパール。


男性である僕としては、身につけるチャンスはあまりございませんが、
その優しい輝きに触れてみたい気持になりました。




JUGEMテーマ:宝飾・ブランド品

| 01:52 | 【宝石】 | comments(10) | trackbacks(0) |
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...